CONTACT

世界哺乳類標準和名リスト

 近年、学校教育や動物展示施設などでの社会教育で哺乳類が盛んに取り上げられ、一般に紹介されるようになりました。遠い外国で撮影された動物の映像などを見ると、その種が日本では何と呼ばれているのかに興味を持たれる方も多いかと思います。日本哺乳類学会では、専門外の方へ哺乳類分類群に対する共通認識を促す和名の整備が必要であると考えました。そこで日本哺乳類学会の「分類群名・標本検討委員会」は世界哺乳類標準和名プロジェクトを開始し、各分類群に対応する共通の和名、すなわち「標準和名」の整備を目的として「世界哺乳類標準和名目録」を2017年9月に作成し、本学会の和文誌である「哺乳類科学」の第58巻別冊として2018年6月に公開しました。

川田伸一郎・岩佐真宏・福井 大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽 創・姉崎智子・横畑泰志. 2018. 世界哺乳類標準和名目録. 哺乳類科学58(別冊):1-53.

 日本哺乳類学会では、この世界哺乳類標準和名目録のさらなる普及と利便性を考慮した結果、HPにおいて目録のエクセルファイル版を公開をする運びとなりました。利用にあたっては、利用規約をよくお読み頂いたうえで、利用規約を承諾してからご利用下さい。

 なお、本学会はリストと異なる和名の使用を制限することが自由な研究活動や執筆活動を妨げるものであってはならないと考えています。そのため、ここで提示する和名は、あくまでも日本哺乳類学会が「推奨する」標準和名であることを明記しておきます。

利用規約

 日本哺乳類学会が学会ホームページで公開する学会推奨「世界哺乳類標準和名リスト」(以下「リスト」とする)について,利用規定を以下のように定める.

  • リストの著作権は日本哺乳類学会に帰属する.
  • 分類群名検索以外の目的でのリストの利用は,学術研究,博物館等でのデータベース活用,及び教育・学習目的に限る.
  • ダウンロードしたリストの再配布を禁止する.
  • リストそのもの,あるいは改変したものを出版するなどの行為を禁止する.
  • 利用の際は引用を明記すること.

    川田伸一郎・岩佐真宏・福井 大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽 創・姉崎智子・横畑泰志. 2018. 世界哺乳類標準和名目録. 哺乳類科学58(別冊):1-53.
    URL: https://doi.org/10.11238/mammalianscience.58.S1

  • リストは大量の文字情報を含むため,誤植等の間違いが絶対ないとは言い切れない.また今後改訂を予定しているため,変更されることがある.これらにご留意いただき,リストの情報を利用する際にはよく確認されることを推奨する.リストの情報に間違いがあったなどの理由で生じた損害や損失について,日本哺乳類学会は一切の責任を負わない.

利用にあたっての相談連絡先

日本哺乳類学会 分類群名・標本検討委員会
e-mail: specimens_committee [at] mammalogy.jp
([at]を @ に変えて下さい)

以上.

トップ